お金だよ

金融商品取引業協会の一つ、日本証券業協会では、協会員(国内にあるすべての証券会社および登録金融機関)の有価証券(株券など)の取引(売買等)を公正、さらには円滑にし、金融商品取引業が健全なますますの発展を図り、投資してくれた者の保護を協会の目的としている。
金融当局である金融庁では第一に市場ルールや自己責任原則を基本的な考えとし、的確なルールに基づいた透明かつ公平な行政を進めることを目的に、専門性の高い検査及び監督を実施しているのだ。
昭和21年に設立された一般社団法人日本損害保険協会は、主として日本における損害保険各社の健全な進歩と信頼性を高めることを図る。そしてそれによって安心で安全な社会の形成に役割を果たすことを協会の目的としているのだ。
【投資の前に】日本経済は勿論として、さらに世界経済を把握するには、金融、経済の基本である株や金利や為替を感じ取る事が不可欠なのである。なぜなら株価と金利さらに為替は複雑に関わりあっているからだ。
覚えておこう、デリバティブについて。伝統的な従来からの金融取引であったり実物商品・債権取引の相場変動によって起きる危険性をかいくぐるために発売された金融商品の呼び名をいい、とくに金融派生商品とも言います。
【紹介】ETF投資(上場投資信託)のリスクというのは、大体、(1)対象の価格変動リスク(2)信用リスク(すべてではない)(3)その他のリスク(運用困難な場合など)といったものがあるのだ。特に(2)は取引によっては特別な注意が必要。
2007年に設立された株式会社ゆうちょ銀行のゆうちょ銀行によって実施されているサービスは一部を除いて2007年に廃止された郵便貯金法によって定められた「郵便貯金」の定義による取り扱いではなく、銀行法(1981年年6月1日法律第59号)による「預貯金」を適用した商品ということ。
つまり投資が必要となる理由は、経済や経営主体が、自己資本だけではなく、、追加可能な他人資本が獲得できることで、もっと大きな機会に資産の投入が現実のものとなるからなのです。
ということは安定という面で魅力的で、なおかつエネルギッシュな新しい金融に関するシステムを構築するには、銀行など民間金融機関及び行政(政府)がそれぞれが持つ解決するべき問題に精力的に取り組んでいかなければいけません。
結論として、第二種金融商品取引業者(第一種業者も当然だが)がファンド(投資信託)を発売し、適切に運営していくためには、恐ろしいほどたくさんの「やるべきこと」および、「やってはいけないこと」が事細かに法律等により決められているのである。
【豆知識】外貨預金⇒身近な銀行で購入できます。しかし円建ての預金の取り扱いとは異なり預金保険制度(破綻した場合に、預金者等を保護する)の対象とならないのです。MMF(MMF:公社債(国債など)や短期金融資産での運用をする投資信託)は証券会社あるいはネット銀行等で購入可能なのである。
この頃、偽造・盗難キャッシュカードまたは振り込め詐欺、またさらにインターネット・バンキング使用時においてパスワードなど情報詐取などが原因の損害等新しいタイプの銀行取引に関係した金融犯罪の増加が大きな問題となっています。
投資のための取引について必要な研究が不得意だとか、どうしても時間が足りない人は、証券会社など専門家に資金運用をお願いしてみるとか、勉強や情報収集がそれほど必要のない金融商品(投資信託・外貨預金・外貨MMF・外貨債権等)などでの取引を選択するのが当たり前。
いずれにしても「金融仲介機能」「信用創造機能」そして「決済機能」の3つの機能を通常銀行の3大機能と言う。この機能は基本業務である「預金」「融資(貸付)」「為替」さらには銀行の持つ信用によって機能していると考えられる。
【投資】TOPIX(トピックス)に連動させたETF(証券取引所で取引される投資信託)を買い付けることならば、東京証券取引所一部に株式公開している全銘柄を全て保有するのと匹敵する同一のできる。